タバコを吸う男の人
  • ホーム
  • メリットいっぱい!グッドアイディア!な禁煙方法

メリットいっぱい!グッドアイディア!な禁煙方法

タバコを折る人

禁煙は一日や二日できたとしても、長く続けていくのが難しいものです。
そこで、長く続ける間の乗り越え方を身に付けていく必要があります。
禁煙と聞くとただ苦しいイメージがあるかもしれませんが、自分なりに面白い方法や楽しい方法を身に付けていくことで苦痛は軽減していけるものです。
全く苦しくない方法は珍しいものですが、やり方次第で苦しいだけの方法を卒業できるでしょう。

例えば、禁煙にメリットを生じる方法があります。
直接的なメリットでは食べ物が美味しく感じられる、あるいは熟睡しやすくなって朝の目覚めが良くなるといった事があげられますが、この場合は自発的にメリットを生み出す方法です。
代表的な方法としては、つもり貯金があります。
タバコを一箱買ったつもりで500円を貯金するようにすると、お金が溜まるようになります。

禁煙したら一年間でお金がどのくらいたまるかを想像する事は、喫煙されている方が一度は考える事でしょう。
精神的な満足を得られたという考え方もありますが、物質的には手に入れられるものを手に入れられず不満を溜める形になっています。
喫煙習慣があるから欲しい物が手に入らず、手に入るのに手に入れられないから不満が溜まって喫煙くらいと考える悪循環を改めるきっかけになるでしょう。

精神的な影響という点では、他人との関わりの中で禁煙を行う方法があります。
例えば、芸能人の方がよくきっかけとして話すのが、芸能活動に支障をきたして共演者に迷惑をかけた等の経験です。
しかし、芸能人と異なり他人との関係が仕事や収入に直結しないという場合は難しい方法になるでしょう。

芸能人の禁煙を参考にするには、同僚や友人といった存在が重要になります。
同じ様に喫煙の習慣がある同僚や友人がいるのなら、一緒に禁煙を初めてライバルとして競う事も有効です。
また、周囲に喫煙される方がいなくても、禁煙すると宣言してそれを守る事も良い方法です。
何事もライバルや味方がいた方がやる気になりますし、物事を上手く実現できる近道になります。禁煙もこの点は変わりありません。

禁煙は日記をつけるのがいい

人によって禁煙のやり方は異なりますが、やり方が異なっていても共通して使える良い方法の1つに禁煙日記があります。
単に日記を付けるだけで何が違うのかと思われるかもしれませんが、意外にメリットが多い方法です。

禁煙日記のメリットとして、まず毎日にメリハリが付く事があげられます。
日記とは言うものの、几帳面に1日の終わりに全てを思い出して記す必要はありません。
仕事の休憩時間等に書き進めても構いませんし、メモをする程度に出来事を記しておいても構いません。
こうした方法は仕事の休憩時間にたばこを吸ってメリハリをつけていた方にとって乗り越え方の1つになるでしょう。

次に、考えている事や思った事を発散する場ができるという事があります。
禁煙日記といえども、内容は何でも構いません。
あくまで禁煙をしている間に書く物ですから、日々の感想やちょっとした不満でも書いて良い物です。
考えや思いを文字に変えて表現するだけでも落ち着きが得やすく、禁煙中の生活の知恵になります。

この他にも、自分がやってきた事や考えてきた事を読み返せるというメリットがあります。
単に過去を振り返るだけで何が変わるのかと思われるかもしれませんが、モチベーションの維持には大切な事です。
人間は忘れやすい生き物ですから、禁煙中に初心を忘れてしまいがちです。
読み返す事で、この試練を乗り越えてきたと再確認して自信を深める事もできます。

これらのように、禁煙日記は心理的なメリットを得られる方法です。
個人的に日記を付けていくだけでなく、自分以外の方が閲覧できるようにネット上に公開しながら続ける方法もあります。
芸能人の方にも日記を付けて禁煙に挑戦している方が居るように、何かに挑戦している人の日記というのは他人から見て面白い物で、楽しいコンテンツです。
禁煙の挑戦を応援していくれる方が現れれば、大きな支えになってくれるでしょう。

サイト内検索